江戸川区議会からのお知らせ

田中健議員に猛省を求める議会声明


  田中健議員は、平成20年第1回定例会の会期中であるにもかかわらず、2月29日から3月5日までを期間とした、海外視察を目的とする旅行届を議長に提出した。
  議会における定例会の会期とは、議員が公的に活動できる一定の期間を議会の議決により決定し、 定例会初日に付議された議案などについて、綿密に調査、研究するとともに、委員会でそれらを審査し、 定例会最終日までに自己の賛否を決めなければならない最も重要な期間である。 このような会期中にもかかわらず、視察を実施することは区民の信託を受けている議員として、議員倫理にもとる行為である。 このことから、視察をとりやめるよう議長から当該議員へ直接要請したが、聞き入れなかった。
  その後に再度、視察実施の有無について、議長から直接当該議員に問い質したところ、 「回答することによって、自らが不利な立場となるため、ノーコメント」との返事であった。 議会の代表者たる議長にこのような不遜な態度をとることは、言語道断であり、議員として非常識極まりない行為である。 このことは、議長並びに議会を侮蔑するものである。
  よって、江戸川区議会は田中健議員を、本声明により厳しく戒めるとともに、猛省を促すものである。

  平成20年3月25日

                                江戸川区議会

 平成20年3月25日更新
 トップページに戻る
Copyright(c) 江戸川区議会公式サイト Edogawa City Council. All Rights Reserved.